(⽬的)
第1条 この規定は、Leave No Trace Japan(以下LNTJ)の商標、サービス名及びロゴの使⽤についてガイドラインを定めるものである。
2 LNT Center of Outdoor Ethic(以下LNTセンター)の商標及びロゴの使用については別途ガイドラインを定める。

(権利)
第2条 商標、サービス名及びロゴに関する⼀切の権利(著作権、商標権等含みます)は、すべてLNTJに帰属する。

(使⽤者)
第3条 ロゴを使⽤できるものは、以下の通りとする。
1) 個人パートナー
2) 団体パートナー
3) 企業パートナー
4) 寄付者
5) カンファレンス実⾏委員会
6) 当協会の公式の連携団体
7) その他、当協会が適切と認めた個⼈及び団体

(使用の⽬的)
第4条 使⽤者は、以下の場合に限り、ロゴを使⽤することができる。
1)当協会の紹介を⽬的とする場合
2)当協会の会員及び公式の連携団体であることを⽰す場合
3)当協会のウェブサイトにリンクを張る場合
4)使⽤者のコンテンツ(教材、広告、パンフレット等)への掲載
5)その他、当研究会が適切と認めた⽬的

(禁⽌)
第5条 使⽤者は、ロゴの使⽤にあたり、以下の⾏為が禁⽌される。
1)当協会の許諾を得ることなく、前条に定める⽬的以外にロゴを使⽤するこ と。
2)ロゴの変形、加⼯、改変。ただし、ロゴの縮⼩と拡⼤はこの限りではな い。
3)他団体の商品名、サービス名、商標、ロゴ、企業名等の⼀部として使⽤すること。
4)当協会の許諾を得ることなく、共催、後援、協⼒等を⽰唆するような⽅法でロゴを使⽤すること。
5)当協会⼜は当協会サービスの誹謗中傷⼜はその評判を貶めるような⽅法でロゴを使⽤すること。
6)違法、反社会的勢⼒に関連する内容、わいせつ⼜は公序良俗に反する内容の媒体等でロゴを使⽤すること。
7)その他、当協会の裁量において不適切と判断する⽅法でロゴを使⽤すること。

(使⽤者の責任)
第6条 当協会は、使⽤者が当規定に違反してロゴを使⽤していると認めた場合、使⽤者に対して、ロゴの使⽤停⽌、その他、当社が必要かつ適切と判断する措置を講じることができる。
2 使⽤者は、当協会のロゴを使⽤したことに起因して、当協会が直接的⼜は間接的に何らかの損害を被った場合、当研究会の請求にしたがって直ちにこれを補償しなければならない。

(免責)
第7条 当協会は、ロゴに事実上⼜は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の⽬的への適合性、セキュリティなどに関する⽋陥、エラー、バグ、権利侵害など)がないことを保証しない。よって、当協会は、かかる瑕疵を除去してロゴを提供する義務を負わない。
2 当協会は、ロゴに起因して使⽤者に⽣じたあらゆる損害について⼀切の責任を負わない。

(変更)
第8条 当協会は、使⽤者にあらかじめ通知することなく、いつでも、ロゴ及び当規定を変更することができる。変更後のロゴ及び規定は、当協会ウェブ サイト内の適宜の場所に掲⽰された時点からその効⼒を⽣じるものとする。使⽤者は、変更後もロゴを使⽤し続けることにより、変更後の規定に同意をしたものとみなす。

(ロゴ)
第9条 ロゴの種類は以下の通りとし、ロゴの縮⼩と拡⼤以外の変形、加⼯、改変はできない。ロゴは、当協会ウェブサイト内の適宜の場所から⼊⼿することができる(lntj.jp/logo-download/)。
1)LNTJ Logo Green (900px×525px)
3)LNTJ Logo Black (900px×525px)
4)LNTJ Logo White (900px×525px)

(商標)
第10条 商標及びサービス名は以下の通りとする。
1)Leave No Trace Japan(法⼈格は任意)
2)LNTJ(法⼈格は任意)
3)リーブノートレイスジャパン(法⼈格は任意)

制定 2020 年10 ⽉28 ⽇