Leave No Traceとは、自然を利用するすべての人が、環境に対する責任をもち、楽しく利用するための環境倫理プログラムです。すべてのテクニックが、7つのが原則を基にしており、誰にでもわかりやすく、楽しく実践することができます。

国内では、野外教育指導者の国際ネットワークである、Wilderness Education Association Japanが、2013年から、普及活動を行っており、2020年に、LNTの国際ブランチを目指す、LNTJ設立準備委員会を設置し、普及活動を行っています。

ミッション
市民に環境に対し責任のある野外活動を指導普及し野外環境を保護します。

ビジョン
将来にわたり全ての人が楽しむことのできる健全な自然環境を維持するために、野外に訪れる全ての人がLNTの行動を起こすことを目指します。
ストラテジー
1)野外を訪れる全ての人がLNTを簡単に知ることができるようにします。
2)野外でLNTがすぐに目に付くようにします。
3)LNTを支援するプログラム・団体と連携します。
4)組織を維持します。
ゴール
1)LNTを全ての公園に
2)LNTを全ての子供に
3)野外を楽しむ全ての人がLNTを行動に
ヒストリー
1960年代アウトドア レクリエーションによる深刻な自然破壊

1960年代連邦農業省森林局でミニマムインパクトの概念が生まれる
1960年代アウトワード・バウンド・スクール(OBS)、全米野外指導者学校(NOLS)などの野外指導者団体が生まれる。
1970年代連邦国立公園局 、連邦土地管理局、連邦魚類野生動物局がミニマムインパクト運動に加わる。
1980年代連邦農業省森林局による”No Trace”運動が全米国立公園に普及
1990年代連邦農業省森林局と全米野外指導者学校が、LNTのトレーニングプログラムを開発
1994Leave No Trace設立
1999LNT7原則
2003Leave No Trace Center  for Outdoor Ethics設立
2013WEAJが国内初のLNTマスターエデュケーターコース開催
2020Leave No Trace Center Japan設立準備委員会設置
教育体系

リーブノートレイスには、マスターエデュケーター、トレーナー、アウェアネスの3段階に分かれています。最も高い資格がマスターエデュケーター、トレーナーコースやアウェアネスワークショップを開催することができます。次にレベルがトレーナーコースで、アウェアネスワークショップを開催することができます。

マスターエデュケーターは、リーブノートレイスの原理とスキルを包括的に理解する5日間のコースです。主として、野外指導や野外教育の専門家を対象に計画されています。トレーナーの育成方法についてもカリキュラムに含まれます。

トレーナーコースは、リーブノートレイスの7原則の基礎を理解する2日間のコースです。野外指導を行う、教師、ガイド、職員などを対象に計画されています。魅力的なワークショップの指導法についてもカリキュラムに含まれます。

アウェアネスワークショップは、リーブノートレイスに関する、1日以内の体験会です。一般のアウトドアユーザーや市民にリーブノートレイスを楽しく理解できるよう計画されています。

LNT7原則

原則1事前の計画と準備(Plan ahead and prepare)
・行く場所のルールや注意することを知ろう
・悪天候や緊急時に備えよう
・ピークシーズンを避けよう
・できるかぎり少人数で活動しよう
・できる限りゴミが少なくなるようにパッキングしよう
・標識に頼らずに地図とコンパスを使おう

原則2影響の少ない場所での活動(Travel and camp on durable surfaces)
・影響の少ない登山道、指定のテントサイト、乾いた場所の上で活動しよう
・テントは沢から60m以上離れたところに張ろう
・よいキャンプサイトは作るのではなく見つけよう
・指定の登山道やテントサイトを利用しよう
・登山道がドロドロでも真ん中を歩こう
・キャンプサイトを最小限にしよう
・人が入っていないところではテントサイトや歩行を分散させよう
・インパクトが始まりかけた場所は避けよう

原則3ゴミの適切な処理(Dispose of waste properly)
・すべてのゴミや食べかすを持ち帰ろう
・トイレは沢、テントサイト、登山道から60m離れたところでしよう
・トイレは20cm程度穴を掘って行い、終わったらしっかり埋めよう
・食器は沢から60m離れたところで天然素材の洗剤を使って洗おう

原則4見たものはそのままに(Leave what you find)
・文化的、歴史的遺跡は触れずに見るだけにしよう
・石、植物等すべての自然は持ち帰らないようにしよう
・外から生物を持ち込まないようにしよう
・木を折ったり穴を掘ったりしないようにしよう

原則5最小限のたき火の影響(Minimize campfire impacts)
・できる限りストーブを使うようにしよう
・地表にダメージを与えずにたき火をしよう
・たき火の大きさは必要最小限にしよう
・落ちている枝だけを使おう
・すべての枝を灰になるまで燃やそう
・灰は完全に消火してからバラまこう

原則6野生動物の尊重(Respect wildlife)
・野生動物は遠くから観察しよう
・野生動物にえさはあげないようにしよう
・食べ物に野生動物が近づかないようにしよう
・ペットはいつもつないでおくか、家においてこよう
・子育てや巣作りなどをしている野生動物には近づかないようにしよう

原則7他のビジターへの配慮(Be considerate of other visitors)
・他の登山者の体験の質を保とう
・他の登山者にあいさつをしよう
・他の登山者とすれ違うときは登りの人を優先しよう
・休憩は登山道から離れてとろう
・山を静かに楽しもう